ウェルナス

コリンエステルとは

10年の研究を覆す「コリンエステル」の発見

2006年、信州大学農学部中村研究室ではソバスプラウト乳酸発酵食品に血圧低下作用を発見。2013年にはその有効成分が「コリンエステル」であることを特定。さらに2016年にはコリンエステルが「ナス」に他の野菜の1,000倍以上、ソバスプラウト乳酸発酵食品の5倍以上含まれることを発見しました。
10年間のソバスプラウト研究を覆すこの成果が、後の株式会社ウェルナス発足に繋がる大きなきっかけとなりました。

その後の研究から、コリンエステルは少ない用量で交感神経活動を抑制し、さまざまなリラックス作用があることを確認。
ウェルナスはこの成分を活用し、複雑化する情報社会に生きる現代人の優先課題「ストレスマネジメント」に取り組んでいます。また、今後もさらなる新しい食品機能性成分研究に取り組み、皆様に健康をお届けしてまいります。

すぐれた機能性

  • 優れた効果
    交感神経活動抑制(リラックス)作用
  • 高い汎用性
    耐熱性および耐酸性が高く、水溶性なので様々な食品に応用できる
  • リラックス(血圧低下、抗ストレス)作用
信州大学農学部 中村浩蔵准教授が発見した機能成分
特開2015-18974 / PCT/JP2015/059578 / 特許第5888763号

高い安全性

  • 高い安全性
    多くの天然食品素材に含まれる(豊富な食経験)

コリンエステル含有量の比較

ナスには大量のコリンエステルが含まれています。
ピーマン、人参などの農産物に比べて1000倍以上含まれています。

交感神経抑制作用

高血圧自然発症ラットにコリンエステルまたは水を投与
交感神経活動が亢進している高血圧自然発症ラットにコリンエステルまたは水を30日間経口投与。
腎交感神経活動をテレメトリー法を用いて無拘束、無麻酔下で連続測定。
水投与群と比較して、コリンエステル投与群で交感神経活動が抑制されました。

血圧上昇抑制作用

高血圧自然発症ラットにコリンエステルまたは水を投与
ヒト高血圧モデルである高血圧自然発症ラットにコリンエステルまたは水を30日間経口投与。
腹部大動脈圧から算出した最高血圧をテレメトリー法を用いて無拘束、無麻酔下で連続測定。
水投与群と比較して、コリンエステル投与群で血圧上昇が抑制されました。

ヒトでの血圧改善作用

血圧が高めの男女12人
4週間摂取した結果、血圧が低下*
血圧が高めの男女12人にコリンエステルを含む飲料を4週間毎日摂取していただきました。
飲用前と比較して有意な血圧低下が確認され、平均して11.8mmHg低下しました。

*全体平均-11.8mmHgの血圧低下(P=0.0080、t-test)(単位はmmHg)